読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一角獣は夜に啼く

ただの日記です。

思ってることとか考えたこととか適当に書きます。 まじめな話は 「ひだまりソケットは壊れない」 に書いています。

f:id:nobuoka:20120611014316j:plain

京都市内には、街中で蛍が見れる場所がいくつかあるらしいです。 街中で蛍が見れるのは全国的にも結構珍しいらしくて [要出展]、たまには蛍をみるのもいいなー、ということで友達と哲学の道に蛍を見に行ってきました。

蛍が多く飛ぶ時間帯は夜の 7 時半ぐらいから 9 時ぐらいまでらしく、哲学の道についたのが 9 時過ぎぐらいだったので 「もしかしたら全然おらんかも」 と思っていたのですが、哲学の道を歩いていくと葉の陰などにとまって光ってる蛍や飛びながら光ってる蛍をぽつぽつ見ることができました。 銀閣の方から入ったのですが、哲学の道をずいずい奥の方に歩いていくと結構な数の蛍が飛んでいるところもあって *1、街中なのに蛍っているものなのだなーと思った次第。 哲学の道自体初めて歩いたのですが、なかなか良いところですね。

京都に住んでる人ならすぐ行けますし、蛍が見たくなったら行ってみるのもいいと思います。 そういえば蛍を見に来てる人も結構いて一部の人たちが結構喧しかったのですが、蛍にもよくないし民家がすぐそばにあるし夜は静かにしましょう!!

*1:多くの場所では大体同時に数匹の蛍が見れればいい方なのですが、多いところだと 10 匹以上が光ってるのを同時に見ることができた