読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一角獣は夜に啼く

ただの日記です。

思ってることとか考えたこととか適当に書きます。 まじめな話は 「ひだまりソケットは壊れない」 に書いています。

生という概念が存在しない退屈な世界

なぜ生きるのかを考えるのではなく、なぜ死を選ばないのかを考えよう。 なぜ生きているのかというとそれは死すことを選択していないからであって、貴方は今生きることを選択しているのではなく死ぬことを選択していないのである。 おおよそ平和な世界においてはそうであろう。

死ぬまでにやりたいことがあるのなら、それが貴方が生きる意味なのではないか。 死する恐怖があるのなら、それが貴方の生きる意味なのではないか。

ただ生は貴方と共にあり、貴方は死を選ばない。

生きることをこそ目的にするというのが生物として健全な在り方であって、生の意味を考えるヒトという種は生物として不健全なのであろうと思う。