読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一角獣は夜に啼く

ただの日記です。

思ってることとか考えたこととか適当に書きます。 まじめな話は 「ひだまりソケットは壊れない」 に書いています。

映画 『K MISSING KINGS』 を見てきた (バレなし)

アニメ 感想 映画

7 月 12 日に公開された 『劇場版 K MISSING KINGS』 を見てきた。 ずっと楽しみにしてたし本当は公開初日に見に行きたかったんだけどなんだかんだで見に行く暇がなくて今更感。

初っ端から音楽はいいし背景もいいし、もちろんキャラもいいしでわくわくする感じ。 時系列的には、アニメ最終話から 1 年後ぐらい? (「あれから 1 年かー」 みたいなことを言ってた気がする。 違うかも。) シロを探しているクロとネコが、偶然、誰かに追われているアンナを助けて、そこから争いに巻き込まれていく、みたいな感じの話 *1 だった。 クロやネコが話の流れの中心にずっといるのだけれど、結構 ≪吠舞羅≫ メンバー (特にアンナと美咲) も中心になっていて、≪吠舞羅≫ 好きだとみなきゃ損って感じがする。

とにかく良かった。

特にアンナがあれする場面は本当に涙なくして語れない。

あと美咲くんには割と感情移入しちゃうなー。 美咲くんは昔を懐かしむ感じの行動を作中でするんだけど、見てる我々としてもアニメ 『K』 から 2 年近く経って本編を懐かしむ気持ちが当然あるわけで、ちょうどいい具合のところを突かれる感じで非常にねー、感情移入してしまうわけだ。 ああいうのずるいよね。 アンナのあれもそういう感じだし。 ずるい。

最後に、とにかく一言言いたい。
鎌本力夫さん、あなた誰ですか!!

*1:公式サイトの Introduction にも書かれてるしこれぐらいならネタバレじゃないはず。