読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一角獣は夜に啼く

ただの日記です。

思ってることとか考えたこととか適当に書きます。 まじめな話は 「ひだまりソケットは壊れない」 に書いています。

読んだ: 悪癖の科学 その隠れた効用をめぐる実験

感想 書籍 書評

悪癖の科学--その隠れた効用をめぐる実験

悪癖の科学--その隠れた効用をめぐる実験

リチャード・スティーブンズ著、藤井留美訳の 『悪癖の科学 その隠れた効用をめぐる実験』 を読んだ。 著者のリチャードは心理学の研究者で、2010 年に 「悪態をつくことにより苦痛を緩和する」 研究でイグ・ノーベル賞を受賞している。

本書では、セックスや酒 (依存)、悪態をつくこと、スピード狂 (その他スリルを求める行動)、恋や退屈について、そして臨死体験といった内容について、これまでの研究論文を参照しながら意外な効果があることやそういう人間の心理を紹介している。

例えば、酒への依存からの関連で薬物依存の研究としてラットパークを用いた研究が紹介されている。 本書以外でもちょくちょく見かけるので知ってる人も多いかもしれない。 何もないケージにただの水とモルヒネの水溶液を用意してそこにネズミを入れると、ネズミはモルヒネの水溶液を好んで飲んだ (= 依存している様子) が、ネズミにとってストレスなく過ごせる環境を用意したケージにただの水とモルヒネの水溶液を用意すると、ネズミはあまりモルヒネの水溶液を飲まなかった、というやつである。 (簡単に言うと。)

セックスの話題だと、カルビン・クーリッジ大統領の次の逸話 (本書 34 ページより) にちなんだクーリッジ効果なんかが面白かった。

クーリッジ大統領夫妻は、とある農場にたびたび姿を見せていた。 ただし二人いっしょではない。 それぞれ好きな場所があって、ちがう日に訪れては案内してもらっていたのだ。 養鶏場にやってきた大統領夫人は、雄鶏がさかんに雌鶏にのしかかる姿を目の当たりにした。 交尾が一日数十回にもなると知って驚いた夫人は、大統領が来たらその話をしてくれと冗談で頼んだ。 そのことを聞いた大統領の切り返しは、シンプルでありながら実に鋭かった。 相手はいつも同じ雌鶏かとたずねたのだ。 ちがうという答えに、大統領はこう言った――家内にその話をしてやってくれ。

お酒の話だと、二日酔いと迎え酒の話もなるほどなーという感じ。 ビールなどのアルコールのうち主なのはエタノールで、二日酔いの原因となるメタノールは少量しか含まれてないらしい。 んでもって、メタノールよりエタノールの方が優先的に体内で分解されるから、二日酔いのときに迎え酒をすると効果があるということだった。 なるほどなー。

他にも、著者の研究でもある悪態をつくことによっていい効果があるとか、部屋が散らかっている方が創造的な作業でより高い成果を出せるとか、バンジージャンプのようなスリルを感じる体験はストレスではあるが、そのストレスは良いストレス (ユーストレス) であって身体的に良い効果がある、とか、基本的に 「へー」 って感じの話が多々。

研究論文ベースで話が展開するのだけど、変に堅いわけではなく面白おかしく紹介されてるので楽しく読み進められた。 研究論文ベースなせいか話のつながりがちょっととんでるとこもあったり、逆にわかりやすく紹介しようとしているせいか (本書での表現上は) 論理の飛躍があったりもするのだけど。 面白い本だった!

関西・東京間のちょっと高級な高速バスについて

感想 生活

最近高速バスで関西・東京間を移動することが多いので、個人的に良かったバスを書き残しておきます。

高速バスについて

高速バスというと 「安いけど快適ではない」 というイメージの人も多いんじゃないかなと思います。 安いものならそれこそ土日や祝日でも関西・関東間が 4 千円ぐらい (安い……!) というものもあって、確かにそういったバスは 4 列で足元もさほど広くないというものが多いですね。

一方でちょっと高めのバスもあって、3 列で隣がさほど気にならず、足元も結構広々という種類のものもあります。 そういうバスだと (人によると思いますが) わりと快適に乗っていられますし、寝ている間に移動できるということもあって、個人的には新幹線より好きだったりします。 料金的には、土日、祝日 (前夜含む) でも 8 千円ぐらいから 1 万円程度、平日なら 5 千円から 6 千円ぐらいです。

ほとんどの高級なバスにはコンセントや Wi-Fi が完備されています。 そこらへんもありがたいですね。

おすすめのちょっと高めの高速バス

そもそもちょっと高級な高速バスにどういうものがあるかですが、私は次のページをよく見ます。

ここに掲載されてないちょっと高級なバスもあるし、ここに掲載されていてもイマイチなものもあるのですが、車内の雰囲気やシート幅とシート間隔、アメニティなどが一覧できて便利なページです。 個人的にはシート間隔が 100 cm ぐらいから快適さを感じられるかなと思っています *1

それでもって、最近乗った中で良かったバスを良かった順に書いていくと次のような感じです。

  • ビジネスクラス (ウィラートラベル)
  • グランシアファースト (VIP ライナー)
  • ラクシア (ウィラートラベル)
  • さくらクオリティエクスプレス (さくら観光)
  • キラキラ号
  • リラックス 3 (さくら観光)

特に良かったのがウィラートラベルのビジネスクラスと VIP ライナーのグランシアファーストです。 この 2 つはかなり快適だと思います。 ラクシアとさくらクオリティエクスプレスは次点という感じですね。 ここまでは全部 3 列のちょっと高級なバスです。

キラキラ号は 4 列なのですがわりと足元が広めなので、安くでできるだけ快適に乗りたい場合には選択肢に入れると良さそうです。 リラックス 3 は 3 列で安めのバスなのですが、足元が結構狭くて、このバスに乗っていて膝を痛めてしまったので個人的にはオススメしません。

各バスの詳細

ウィラートラベル・ビジネスクラス

ウィラートラベル (WILLER TRAVEL) の 3 列 (1 + 2 列) バスです。

席の快適さで言うと、今まで乗った中ではこれが一番な気がします。 広いというのもそうなのですが、ゆりかご機能により足側が少し上がるようになっていて、腰への負担が小さくなるようになっているのが嬉しいところです。

トイレも広くて綺麗です。

バックシェルシートではないので、前の席の人の倒し具合次第ではちょっと眼前が狭くなるかもしれません。 あと、リクライニングをめいっぱい倒すと後ろから覗き込まれる形になるので、少し後ろの席が気になるかもしれません。 2 列並んでいる席の間には板があるのであまり隣は気にはならないのですが、プライベートカーテンもありません。 そういった点では、周りが気になる人にはあまりおススメできないバスになっています。

ちなみに 1 列だけの独立席にはテレビがついていてカーテンもあります。 2 列並んでいる席と比べて独立席の方が高いのですが、周りが気になる人はそちらを使うと良さそうです。

ちなみに大阪梅田には WILLER バスターミナル大阪梅田があって、明るくて開放的な雰囲気なので、待ち時間も過ごしやすくなっています。

グランシアファースト

VIP ライナーの 3 列 (1 + 2 列) バスです。

席自体は広めで、ウィラートラベルのビジネスクラスに近い座り心地となっていました。 こちらはゆりかご機能がないのですが、バックシェルシートになっており、後ろを気にせずリクライニングできるという点や、後ろから覗き込まれることがないという点はこちらの方が優れています。 また、2 列並んでいる席の間にはプライベートカーテンがついていて、隣が気にならないようになっています。 この点でもウィラートラベルのビジネスクラスと比べて良いですね。

このバスの特徴として、席の前に Android タブレットが据え付けられており、映画などを見ることができます。 *2 次の日が休みなら、寝る前に一本映画を見るなどしてもいいですね。 ちなみに先日乗車した際には 『ルパン三世 1$ マネーウォーズ』 を見ました。

待合室として VIP ラウンジ という部屋が提供されていてその点でも良いのですが、東京の VIP ラウンジはやや治安の悪い雰囲気があってちょっと落ち着かない感じした。 (写真で見る感じ、東京以外の VIP ラウンジはまあまあ良さそうです。)

ラクシア

ウィラートラベルの 3 列独立のバスです。 2016 年 10 月から運行開始した新しい種類のバスです。

プレスリリースによると、コンセプトとしては女性をターゲットとして意識しているようで、ビジネスクラスと比べてプライバシーが守られるようになっています。 席が全て独立していて、すべての席の周りにプライベートカーテンがあります。 ただし、ビジネスクラスと同じく、リクライニングを目いっぱい倒すと後ろから覗き込まれやすいようにはなっています。

ビジネスクラスと比べるとやや狭いですが、足元も広々しており、シート自体も座り心地は良いです。 ただ、3 列独立であることやプライベートカーテンがあることなどから、特に左端の席 (通路が狭い) からは出入りは難しくなっています。 休憩所で降りたい人は左端の席だと少しつらいかもしれません。 トイレもないのでその点がややマイナスです。

さくらクオリティエクスプレス

さくら観光の 3 列 (1 + 2 列) バスです。

初めて乗った高めの高速バスがこのバスでした。 シート間隔が 100 cm に満たずやや狭そうな感じですが、実際に乗ってみると足元はわりと快適でした。 シートがバックシェルシートになっており、後ろを気にせずリクライニングできるのが良いところです。 また、シートに電動マッサージ機能がついているのが特徴的で、夜の乗車後、寝る前にマッサージをすることで疲れが取れます。

2 列並んでいる席の間にはプライベートカーテンがありますし、バックシェルシートになっていて後ろから覗き込まれづらいので、ビジネスクラスと比べてプライバシーは高いです。 (グランシアファーストと同等ですね。)

上にあげた 3 つと比べてあまり推しポイントはないのですが、料金的には上 3 つと比べて少しだけ安いことが多いように思いますので、このバスも十分選択肢に入ってくるかなと思います。

紹介終わり

というわけで最近乗ったバスのオススメを紹介しました。

高速バスでの移動が苦になるかどうかは本当に人によると思うのですが、わりとどこでも寝られるよーという人はちょっと高めの高速バスに乗ってみてもいいかもしれません。 特に平日は安いので、高めのバスでも新幹線と比べてだいぶお安くなったりします。 *3

*1:身長 170 cm 程度の人間の感想です。

*2:高速バスだと 「消灯後は周りのお客様のご迷惑になりますので、液晶画面の光が漏れないようにご注意ください」 というようなことを言われることが多いですが、このバスでは 「周りの光が気になる方はアイマスクをお使いください」 という思想で、消灯後も映画などを見てよいというのが良いところですね。

*3:お休み前後だと新幹線と大差なかったりしますが……。

譚彦彬の炒め鍋 (鉄製フライパン) を手に入れた

感想 料理 日記

2 年ぐらいセラミックコーティングのフライパンを使ってたのだけど、一度焦げさせてしまってそのあとは焦げまくるフライパンになってしまったのでぼちぼち次のフライパンを買うかーと思って探してたところ、結婚式の引出物譚彦彬の炒め鍋なるものがあって良さそうだったのでありがたく頂戴しました。

f:id:nobuoka:20161021012929j:plain

1 ヵ月ぐらい使ってみての感想としては、以下のような感じです。

  • 鉄製フライパンだけど焼き込みとかしなくてよくて、使い始めるのは楽。 (シリコン焼付塗装されてるのでそこら辺のおかげ?)
    • 毎回のお手入れは他の鉄製フライパンと同じく、お湯で洗って乾かしてから油を馴染ませる感じ。 そんなに大変ではない。
  • セラミックコーティングのフライパンと比較して焦げにくい。
    • 実家の鉄鍋と比べても焦げにくい気がする。 エンボス加工のおかげ?
  • 割とでかい。 あと重い。
    • 思ってたよりは大きくて重かった。 取り回しはちょっと大変。
    • 鍋自体はともかく取っ手もあるので流しが小さいと洗うのが大変そう。
    • 使っているのは 30 cm のやつなので、一人ならもうちょっと小さめで良さそう。

全体として良いものだなーと思ってます。

最近はやはりフッ素樹脂加工 (テフロン加工やダイアモンドコートだのマーブルコートだの) のフライパンが多く出回っていますが、耐久性が低くて寿命が短かったり、温度が高くなりすぎると有毒ガスが発生することがあったりなどと気になるところも多いので、鉄製のフライパンもよいのではないでしょうか! セラミックコーティングは悪くはなかったけど、焦げやすさの点では鉄製フライパンの方が有利な気がします。

譚彦彬さんのレシピ

譚彦彬さんが誰なのか全然知らなかったのですが、広東料理赤坂離宮」 の総料理長だそうで色々レシピを出したりもされてるようです。 ゼクシィキッチンにも譚彦彬さんのレシピがあります!

zexy-kitchen.net

せっかく譚彦彬厳選の炒め鍋を手に入れたのだからと思って五目チャーハンなどを作って喜んでる今日この頃です。

京都から奈良まで自転車で帰った

日記

以前から 「奈良まで自転車で帰ってみたいなー」 と思っていたのになかなか実現できてなくて、このあいだようやく実現した。

大学時代から何度も奈良・京都間を車で移動していたので道はなんとなく把握していたけれど、途中で知らない道に迷い込んで暗くてびびったり、川を渡れずに苦労したりとなかなか面白かった。

働き出してからは 24 号線ではなく京奈和自動車道を使うようになっていたので、久しぶりに 24 号線沿いを走ったら大学時代が思い出されてちょっと懐かしい気持ちになったりも。 大学の友人とラーメンを食べるためだけにわざわざ車で奈良まで行ったよなー、とか。 今だったら京奈和自動車道を 500 円で走れるなら迷わずそっちを選ぶけど、学生時代は本当にお金がなくてそれもケチってたよなー、とか。

しばらくは関西を自転車で走ることもないだろうので、最後に京都から奈良に帰れてよかった。

カツ丼を作って食べる活動をした

f:id:nobuoka:20160804200753j:plain

友人と一緒に私の好物を食べるという俺得活動 (のぶお会って命名されてる) をこれまでちょこちょこ行ってきたのですが、好物のひとつであるカツ丼を食べに行ったことがなかったので、id:pokutuna 宅にてカツ丼を作って食べるという活動をしました。

ベッドもあるし PC 机もしっかりしてるし棚も何個かあって、「これが上質な暮らしかー、見習おう」 と思いました。 人のおうちにお邪魔するのはなかなか楽しいですね。

そんなわけで、これにて活動の目標であった、お好み焼き、焼きそば、ラーメン、カツ丼、ピザの全てを食べるということを達成できました。 めでたしめでたし。

〜 完 〜