一角獣は夜に啼く

ただの日記です。

思ってることとか考えたこととか適当に書きます。 まじめな話は 「ひだまりソケットは壊れない」 に書いています。

2017 年春アニメを見始めた

いろいろあって春アニメを全然追いかけてなかったのだけど、最近いくつか見始めた。

推しは 『エロマンガ先生』! 『俺妹』 作者の伏見つかさ先生のラノベが原作。 雰囲気は 『俺妹』 に近いので、『俺妹』 好きな人は当然のようにハマれると思う。 純粋に作品を楽しむだけでなく、消費者側だった高坂兄妹と作品を生み出す側の和泉兄妹という対比、あるいは桐乃と紗霧ちゃんのわかりやすさの対比、といった作品間の対比を楽しんだり、紗霧ちゃんのお面がメルルだったりといった繋がりの部分で楽しむこともできるぞ! ClariS による OP 曲 「ヒトリゴト」、ED の TrySail 「adrenaline!!!」、どちらも最高だし何もかもが良い。

ヒトリゴト

ヒトリゴト

adrenaline!!!

adrenaline!!!

クロックワーク・プラネット』 も見てる。 小説原作。 滅亡に瀕した地球を、1 人の天才時計技師が時計仕掛けで作り直してから千年後、みたいな世界の話。 意味がわからないと思うけど勢いがあって楽しい。 漫画の 1 巻を読んでみたら面白くてアニメも見始めたので、まずは漫画を読んでみるのがおすすめ。

クロックワーク・プラネット(1) (シリウスコミックス)

クロックワーク・プラネット(1) (シリウスコミックス)

あとは 『武装少女マキャベリズム』 と 『サクラクエスト』。 『マキャベリズム』 は、学園モノで、他の学校にいられないような問題児が転入してきては五剣という武装少女に共生という名の矯正を施されるお話。 意味がわからないと思うけどこれも最高にバカっぽいので最高。 『エロマンガ先生』、『クロックワーク・プラネット』、『マキャベリズム』 といったファンタジーを摂取していると生きる力が湧いてくるぞ。

サクラクエスト』 は 『SHIROBAKO』 に続く P.A.Works のお仕事アニメ。 なんていうか、ファンタジーだけど、現実ってつらいよね、という感じ。 頑張ろう。

それとアニメは見てないのだけど、『スタミュ』 の CD が最近出てるのでいくつか聴いてる。 信長さん好きなので以下のものなど。 癒される〜〜。

☆2nd SHOW TIME 8☆ 星谷×揚羽&揚羽×遥斗/「スタミュ」ミュージカルソングシリーズ

☆2nd SHOW TIME 8☆ 星谷×揚羽&揚羽×遥斗/「スタミュ」ミュージカルソングシリーズ

  • アーティスト: 星谷×揚羽&揚羽×遥斗
  • 出版社/メーカー: NBCUniversal Entertainment
  • 発売日: 2017/05/24
  • メディア: MP3 ダウンロード
  • この商品を含むブログを見る
☆2nd SHOW TIME 1☆ 揚羽&揚羽×蜂矢/「スタミュ」ミュージカルソングシリーズ

☆2nd SHOW TIME 1☆ 揚羽&揚羽×蜂矢/「スタミュ」ミュージカルソングシリーズ

祝 『クズの本懐』 完結!!!

まもなくアニメやドラマも最終話を迎える 『クズの本懐』 ですが、一足先に原作の最終巻 (8 巻) が発売されましたね!!! 祝!

最終巻の初回限定特装版はプレミアムヴィジュアルコレクション付きです。 ツイートの写真のえっちゃんのやつ。 窓付きケースに 14 枚の絵が入ってるので、好きな絵が見えるようにケースに入れて飾ってもよし、ケースから出して頬ずりしてもよし。 楽しみ方はあなた次第!

2013 年の末ごろに横槍メンゴ先生の作品をおすすめしてもらって (『クズの本懐』 2 巻が出てたころかな?)、『きみだら』 (君は淫らな僕の女王) と 『クズの本懐』 を読んでみたら結構好きな感じで、それからゆるゆると追いかけてきたのでした。 今期、アニメ化・ドラマ化されて、漫画・アニメ・ドラマが揃った状態で完結を目にすることができてファンとして非常に幸せだなーと思います。

わりと 「原作を知ってるからアニメはいいや」 ってなりがちな人間なので、『クズの本懐』 のアニメやドラマも最初はそこまで熱心に見ない気がしてたのだけど、いざ見てみると漫画とは違った表現が別の視点を与えてくれて、媒体ごとに新しい発見をしながら楽しんでました。 本作は心情の機微みたいなところが重要な作品なので、漫画とは違った間の取り方だったり、漫画にはない声での演技といったものを見ることができたのが良かったですね。 最終巻で言うと 71 ページ、72 ページあたりの鐘井先生と皆川先生のやり取りなど、漫画だと (自分的には) わりとサラッと読んじゃうところなんですが、アニメでは結構盛り上がる表現になっていて結構うるっときました。 一方で 178 ページ以降の、結末に向かう最後の最後の 2 人の心情表現なんかは、メンゴ先生の漫画ならではだよなーとか思ったり。 (アニメでどういう表現になるのかわかんないけども。)

物語の結末としてはめちゃくちゃ良かったです。 「そうなるのか……!」 という驚きもありつつ、あるべき姿に落ち着いたのかな、という風にも思えるものでした。 最終巻ではそれぞれが気持ちの整理をつけて前を向いていて、それぞれの成長や強さを感じられます。

そうそう、アニメといえば 96 猫さんによる OP 「嘘の火花」 が個人的にはめちゃくちゃ良いのでアニメを見てない人も是非聴きましょう。 お兄ちゃんに対する花火の想いが歌われていて切ないです……><

嘘の火花

嘘の火花

番外編の連載も発表されたりして、まだまだ 「クズの本懐」 の世界を見ることはできそうではありますが、ひとまず本編は完結ということでお疲れさまでした!

とにかくえっちゃんには幸せになって欲しい!!!!

追伸

「メンゴ先生の絵は好きだけど 『クズの本懐』 みたいなドロドロしたのはちょっとつらい」 という人には 『きみだら』 がおすすめです。 ドロドロ成分皆無です! (変態成分は高め!)

君は淫らな僕の女王 (ヤングジャンプコミックス)

君は淫らな僕の女王 (ヤングジャンプコミックス)

読んだ : 嫌われる勇気 ―― 自己啓発の源流 「アドラー」 の教え / 岸見 一郎、古賀 史健 著

現在放送中のドラマ 『嫌われる勇気』 の原案の書籍を読んだ。

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

先にドラマの 1 話を見たのだけど、内容があまりにひどくて 「アドラー心理学のことは全然知らないけど、さすがにこのドラマはアドラー心理学の解釈を間違ってるやろ」 と思ったのが本を読むことになったきっかけ。 ちなみに実際にドラマのアドラー心理学の解釈はひどいみたいで、日本アドラー心理学会が TV 局に抗議を送っていた。

内容

本書は、全体を通してアドラー心理学に詳しい哲学者と人生に悩む青年の対話文となっている。

内容的には 「まあまあそうやなぁ」 という感じのことが書かれていた。

  • 人の性格や気質を、アドラー心理学では 「ライフスタイル」 と呼ぶ。 ライフスタイルは人が自ら選び取ったもの。
  • アドラー心理学は勇気の心理学。 自らを変える勇気。
  • アドラー心理学における人間の行動面と心理面のあり方についての目標。
    • 行動面 : 「自立すること」 と 「社会と調和して暮らせること」
    • 心理面 : 「わたしには能力があるという意識」 と 「人々はわたしの仲間であるという意識」
  • 他者からの承認を求め、他者からの評価ばかりを気にしていると、最終的には他者の人生を生きることになる。
  • 課題の分離。 他人の課題を自分の課題だと思わないこと。
  • 承認欲求を持つ人も自己中心的といえる。
  • 共同体感覚。 宇宙全体、過去から未来にかけて、生物も無生物も含む。
  • 自らの主観で共同体への貢献を実感することが自分の価値を実感することにつながる。
  • 対人関係の基礎は 「信用」 ではなく 「信頼」。 信用に足る客観的事実がなくとも信じること。

感想

そうですね、って感じの内容だった。 「人の悩みは全て対人関係の悩みである」 みたいなやや過激なことも書かれてたけど、基本的には人が生きていくにあたって意識すると良さそうなことが書かれていると感じた。

多分一番重要なのは、行動面と心理面のあり方についての目標だと思う。 「自立すること」 と 「社会と調和して暮らせること」 は当たり前なんだけど大事という話。 承認欲求こじらせてるのとかは止めた方がいい。 心理面については、自分を卑下する必要はないし、周りを無駄に敵視する必要もないという。 基本的に人間は他人にそんなに興味ないんだから、明確に敵視されてる場合以外は他人のことをそんなに気にせず生きていくのがいいと思う。

“リスアニ! LIVE 2017” に行ってきた (3 日目 SUNDAY STAGE)

“SATURDAY STAGE” の感想に続けて、3 日目 “SUNDAY STAGE” の感想を簡単に。

3 日目の思い出

CHiCO with HoneyWorks の 「アイのシナリオ」 で開幕。 『まじっく快斗1412』 OP 曲。 続けて映画主題歌の 「恋⾊に咲け」。 ハニワの映画は気になってたのだけど結局 1 作目は見に行かずじまいだったので、今やってる 2 作目は終わる前に見に行きたいところ。
3 曲目の 『アオハライド』 OP の 「世界は恋に落ちている」 で盛り上がるなど。 ライブパフォーマンス良かった。
ドラムの AtsuyuK! さんが 「大学 5 年生が決定しました!」 って告白してたのめっちゃウケてた。

次は田所あずささん。 田所ックだった。
歌ってるときはめちゃくちゃ格好いいのに、喋り出すと天然なのかなんなのかよくわからない感じが最高。
本人は 『「田所ック」 って言葉はダサいでしょ! 「田所ック (笑)」 って感じ』 とか言ってた。 (そんなことないぞ!)

それから春奈るなさん。
snowdrop」 の切ない感じから 「Ripple Effect」、「君色シグナル」 の流れが良かった。

snowdrop -春奈るなver.-

snowdrop -春奈るなver.-

次が TrySail
「Chip log」 初めて聞いたのだけど楽しくていい曲だった。 「オリジナル。」 のカップリング曲とのこと。
「センパイ。」 は可愛い感じだし、「High Free Spirits」 とか 「コバルト」 はめっちゃ盛り上げてきたし、全体的にライブパフォーマンスがしっかり考えられてる感じがした。
関係ないけど、Amazon デジタルミュージックの TrySail が全部 「HoneyWorks meets TrySail」 になってる気がする。

センパイ。

センパイ。

黒崎真音さん。 「楽園の翼」、「刹那の果実」 という 『グリザイア』 の曲で始まって 「X-encounter」 で締め。
最高。 (5 曲だけだったのでもっと歌ってほしかった!)

刹那の果実

刹那の果実

南條愛乃さん、そんなに追いかけてなかったから知らない曲が多いかと思ったけど意外と 『ミルキィホームズ』 キャラソンの 「ココロノエデン」 以外全部知ってた。
『「南條一間」 またやりましょう』 って言ってた。 楽しみ。

君が笑む夕暮れ

君が笑む夕暮れ

最後は FLOW。 ウェーブしたりした。 初体験。
めっちゃ盛り上がった。 FLOW すごい。

完。

“リスアニ! LIVE 2017” に行ってきた (2 日目 SATURDAY STAGE)

センパイに 「“リスアニ! LIVE” 行かへん?」 って誘ってもらったのでホイホイついていった。 2 日目と 3 日目。 セトリとかは下記ページで見られる。

f:id:nobuoka:20170128152855j:plain

2 日目の思い出

要点

  • 岸田教団 & THE 明星ロケッツの 「星空ロジック」 が素敵な曲だった。 同時活動時代からの曲ぽくて、大事にされてるんだろうなーという気がした。
  • GARNiDELiA のライブパフォーマンスがめっちゃ良かった。 中でも 「極楽浄土」 が良すぎる。

全体

綾野ましろさんの 「vanilla sky」 で開幕。 『ガンスト』 懐かしい。 「Lotus Pain」 や 「infinity beyond」 などが歌われ、最後が 「ideal white」。 めっちゃ盛り上がる。

そのあとは水瀬いのりさんと三森すずこさん。 2 人とも熱狂的なファンがついててすごかった。

そのあと、岸田教団 & THE 明星ロケッツ。 このバンドを初めて知ったのは 『ストブラ』 OP だったのだけど、久しぶりに聞いたらあんまり覚えてなくて 「これは……! 『ストライク・ザ・ブラッド』……のはずだけどあんまり覚えてない!」 みたいになってしまった。 良くない。 けど盛り上がった。
ストライク・ザ・ブラッド」 に続けて 「Blood on the EDGE」。 去年 11 月に第 1 巻が発売された OVA シリーズ 『ストブラ II』 の OP 曲。 OVA 買わなきゃ。 (使命感。)
最後に演奏された曲は 「普段のソロライブでいつも最後に歌う曲を、いつか武道館でソロライブするためのフラグとして歌いたい」 とのことで 「星空ロジック」。 これ初めて聞いたんだけどめちゃくちゃいい曲だった。 ライブ映えする感じ。 調べてみたら同人活動時代に作られた最初のオリジナル CD に収録されてる曲らしい。

Blood on the EDGE

Blood on the EDGE

5 グループ目が fhána。 towana さんは 「青空のラプソディ」 の MV の服を着てた。
しっとりした 「calling」 から始まったあと、続けて 「divine intervention」 と 「青空のラプソディ」 で 2 曲続けて大盛り上がり。 「青空のラプソディ」 では towana さんと kevin さんが MV のダンスを披露したりして最高だった。 kevin 氏〜〜。 次が 『天体のメソッド』 ED の 「星屑のインターリュード」。 好きな曲。
最後が 「Relief」。 これ多分タイアップ無しのアルバム曲だよね? 好きな曲なんだけど 『リスアニ! LIVE』 で聴けるとは思ってなかったので嬉しい。
歌い終わったとのインタビュー (?) でも 「青空のラプソディ」 の MV のダンスが話題になって、「kevin さんが自分の可愛さをアピールしてる」 とか 「リーダーぎこちなさすぎ」 とか話されてた。 わかる。

6 グループ目は GARNiDELiA。 「極楽浄土」 から。 初めて聞いたのだけど、ライブパフォーマンスも含めてめっちゃ良かった。 オリエンタルな感じと機械的な音と 「極楽浄土」 という歌詞が不思議な世界観を作り出してる。 なによりメイリアさんの声が良い。
続けて 「grilletto」 やら 「約束-Promise code-」 やら 「ambiguous」 やら。 盛り上がった!
自分の印象としては 2 日目で一番ライブパフォーマンス良かったのが GARNiDELiA だった。 ソロライブ行きたいなー。

極楽浄土

極楽浄土

最後のグループはスフィア。 毎年干支の動物にちなんだ衣装で出演してるらしくて、今年は鳥だった。 他の人がニワトリとかクジャクとかだったのに、とまっちゃんが 「伝説の鳥」 とか言ってて 「伝説とは……?」 って感じになった。 あと隣の人が振りコピやらなにやらでめっちゃ激しく動いててビビった。

そんな感じで土曜日は終了。 楽しかった。